グローバルマーケットウォッチ 2020年12月20日

来年はリスクオン、リスクオフ両方に対応できるように 20201220

今年も、年末に近づき、恒例のマーケット専門家の来年の見通しが目立ちはじめている。

皆、正直分からないながらも、一様に明るい、株式中心のリスクオンが続くとしている。ただ、言い訳に困らないように、ボラティリティーはさらに高まるだろうという。

しかし、専門家の見通しは当てにしない方がいい、

その典型が今年だ。誰も、3月からの大暴落、そしてその後の急回復を予想できなかった。

無理もない。

ここから得られる教訓は、昨今のようなボラティリティーの激しいマーケットではリスクオン、リスクオフのどちらにも対応できるようにしておくことではないだろうか。

まずはリスクオンの継続を前提に、来年はどの分野に資金が流れるかを考え、ポートフォリオを組んでおくことが最も意味があり、参考になるだろうと思う。

今週は列挙しておくにとどめ、来週から、具体的商品を検討したい。

まずは、

1)第4次産業革命のデジタルトランスフォーメーション    

   関連は引き続き多くの関心を集めよう

  ・クラウド

  ・5G

  ・Eコマース

  ・サイバーセキュリティー

  ・自動運転車、電気自動車

  ・バイオテック

  ・データセンターなど

2)インフラ整備関連

3)地球温暖化対策関連(クリーンテック)

4IPO(新規上場)関連

5)新興国市場

6)インフレ関連

具体的商品は来週から、検討し、列挙したい。

To be able to handle both risk-on and risk-off next year

The end of the year is approaching, and the outlook for next year by market Analysts is beginning to stand out.

Everyone, although I guess almost not sure,

says uniformly that the risk-on will continue to be bright and stock-centric.But also says

 volatility will increase further, for later excuse.

But don’t count on the expert’s outlook, a

typical example is this year’s stock market. No one could have predicted the crash from March and the subsequent sharp recovery.

No wonder.

The lesson learned from this is to be able to handle both risk-on and risk-off in a highly volatile market like these days.

First of all, on the premise of continuing risk-on, it is most meaningful and helpful to think about which field the funds will flow to next year and build a portfolio.

I’ll just list up this week, and specific products will be examined and listed from next week.

First of all,

(1)Digital transformation of the Fourth Industrial Revolution will continue to attract a lot of attention 

Cloud

5G

E-commerce

Cybersecurity

Self driving cars, Electric vehicles

Biotech

Data centers, etc.

(2) Infrastructure development-related

(3) Global warming -related (Clean Tech)

(4) IPO (new listing) -related

(5) Bitcoin

(6) Emerging markets

(7) Inflation-related

Posted by yayconsulting