グローバルマーケットウォッチ 2021年2月28日

マーケットは金利上昇に過剰反応 2021228

今週は、インフレ懸念による米金利の上昇がマーケットのメインテーマになった、

(10年物米国国債利回りが2週間前の1.13%から1.61%へ一気に0.48%上昇した。)

下図のように金利上昇によって株式の配当利回り(米S&P500の配当利回り)が債券利回り(10年物米国国債利回り)を下回った。

TINA「株式しか買うものはない」ではなくなったということで、特に値上がりの著しかった米ナスダック銘柄(前週末比-5%)、新興国株(ー6.5%)、日本株(ー3.5%)が大きく利食われた。

 

 

しかし、データ上と現実の投資家心理は別であろう。1.61%の利回りは魅力的だろうか、現実には一部の投資家の利食い売りにとどまっている。

一方で、この程度の調整では、まだ買出動したいとは思わないだろう。

米政策当局をはじめ主要国政府はマーケットの懸念払拭に躍起になっている。マーケットへのサポート姿勢に本腰と見ている。このまま株式がズルズルと値下がりを続けるとは予想していない。

とは言え、昨今のビットコイン、テスラ、ゲームストック株、SPACなど、新しいマーケット参加者のバブル的投資行動は極めて危険で、クラッシュのきっかけになりうる。

素人投資家(投機家?)大きく傷つくのではないかと心配している。

Market Overreacts to Rising Interest Rates February 28, 2021

This week, rising US interest rates due to inflation concerns became the main theme of the market

(10-year US Treasury yields jumped 0.48 % to 1.61% from 1.13% two weeks ago. ) 

As shown in the figure below, the dividend yield of stocks (US S & P500 dividend yield) fell below the bond yield (10-year US Treasury bond yield) due to rising interest rates.

No more TINA “There is nothing to buy other than stocks", so US Nasdaq stocks (-5% compared to the previous weekend), emerging market stocks (-6.5%), Japanese stocks (-3.5%), which have had  a  remarkable performance,were hit accordingly.

owever, the data and the actual investors’ sentiment are different.

 Is the 1.61% yield attractive? In reality, it’s just a profit-taking for some investors.

On the other hand, with this degree of adjustment, you wouldn’t want to buy the dip yet.

Governments of major countries, including US policymakers, are eager to dispel market concerns. They take it seriously to support the market. We do not expect stocks to continue to fall.

That said though, the bubble-like investment behavior of new market participants such as Bitcoin, Tesla, Gamestop stocks and SPACs these days is extremely dangerous and can trigger a crash.

I’m worried that amateur investors (speculators?) will be seriously hurt.

Posted by yayconsulting