グローバルマーケットウォッチ 2021年6月13日

リフレーションからインフレーション 2021613

今週は、選別的に米S&P500やドイツ株が僅かながらでも史上最高値を更新し、個人投資家がMemeと言われる小型株へ盛んに投機的な買いを入れている。

REITも世界的にイールドハンティング(利回り狩り)対象として、注目され、パンデミック前の水準を回復している。

しかしながら、グローバルなリスク資産市場への資金流入は明らかに減ってきている。高値しぐれと言える状況にある。

マーケットはパンデミックからの回復、リフレーションを歓迎してきたが、4月、5月と米消費者物価が前年同期で大幅上昇を示したことで、にわかにインフレーションへの警戒感がマーケットリスクの表舞台に出てきた。

1960年後半にもインフレ率が高まったとき、FRBの対応の遅れから1970年代のインフレと景気後退の共存、そしてボルカー議長による荒療治という悪夢が彷彿される。

今回のインフレ率の上昇で、当時の記憶がマーケットに重くのしかかるであろう。

実際に、インフレ状況の判断、金融当局の金融政策の変更にはまだまだ時間を要するが、なかなか払拭しきれない大きなリスク要因として続くことを覚悟したほうが良さそうである。

From Reflation to Inflation June 13, 2021

This week, US S & P 500 and German stocks have hit record highs, albeit slightly, and individual investors are actively speculatively buying small-cap stocks called Meme.

REITs are also attracting attention worldwide as targets for yield hunting, and are recovering their pre-pandemic levels.

However, the inflow of funds into the global risk asset market is clearly declining. It is in a situation that can be said to be overpriced.

The market has welcomed the recovery from the pandemic as a reflation, but in April and May, the US consumer price index rose sharply in the same period of the previous year, and a sense of caution about inflation suddenly became the center stage of market risk. 

When the inflation rate rose in the latter half of 1960, the delay in the Fed’s response reminded us of the nightmare of inflation and recession in the 1970s, and the rough treatment by Chairman Volcker.

With this rise in inflation, memories of the time will weigh heavily on the market.

In fact, it will take some time to judge the inflation situation and change the monetary policy of the financial authorities, but it seems better to be prepared to continue as a major risk factor that cannot be easily eliminated.

Posted by yayconsulting